読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

jqGridで簡単リッチなテーブル作成

HTML5/CSS

こんにちは、しょこたんです。

先日から引き続きの記事です。
今日は、jqGridのVersion4.0の機能を紹介します。

1.editボタンを行ごとに定義できるように!

Version4.0で追加された一つの機能に、
cellに対してのeditボタンを行ごとに追加する機能が
追加されていたので紹介します。

定義は、colModelに一列以下の設定を加えるだけです。

colModelSettings = {
      	{name:"edit",index:"edit",width:100,align:"center",classes:"edit_class",
         formatter:'actions',formatoptions:{keys:true}}
}

formatter:'actions'を設定するだけで動作することができますが、
formatoptions:{keys:true}を設定は調査中・・・。

ちなみに、SAStrutsを用いた場合の例を載せておきます。

var settings = {
	data:date,
	datatype : "local",
	editurl : "edit",             //メソッド名を記述。
	colNames : colNames,
	colModel : colModelSettings,
	rowNum : 10,
	rowList : [1, 10, 20],
	caption : "Sample Display",
	height : 300,
	width : 700,
	pager : 'pager1',
	shrinkToFit : false,
	viewrecords: true,
	grouping:true, 	
	groupingView : { 
		groupField : ['hobby'],
        groupSummary : [true]
	}
}

$("#sample1").jqGrid(settings);

この設定でActionに以下を記述。

//Actionの設定
public class JqgridTableVersion4Action
{
    public JqgridTableVersion4Action(){}

    @Resource
    @ActionForm
    public JqgridTableVersion4Form jqgridTableVersion4Form;

    @Execute(validator=false)
    public String index()
    {
        return "jqgridTableVersion4.jsp";
    }
    @Execute(validator=false)
    public String edit()
    {
        return "jqgridTableVersion4.jsp";
    }
}
//ActionFormの設定
public class JqgridTableVersion4Form
{
    public JqgridTableVersion4Form(){}
    public String no;
    public String name;
    public String age;
}

すると、saveボタンを押下した時に、
通信を自動で行い、値をサーバー側に渡してくれます。
ちなみに、editable:trueとした列しかサーバー側に値が送られないので、
行を特定するidを持つ列を

	{name:"no",index:"no",width:70,align:"center",classes:"no_class",editable:true,hidden:true},

のように宣言しておくと、editされないうえに、サーバー側にidが送られるため、
DBの変更など容易にできます。

2.colspan対応で列を結合

いままで列の結合を自前で行っていましたが、
colModel属性に追加することができるようになりました。

colModel:[ 
   { name:'id', key : true, index:'id', width:55, 
     cellattr: function(rowId, value, rowObject, colModel, arrData) {
             return ' colspan=2'; 
     }, 
     formatter : function(value, options, rData){ 
           return "Invoce: "+value + " - "+rData['name']; 
     } 
   }, 
   {name:'name', index:'name', width:100, 
    cellattr: function(rowId, value, rowObject, colModel, arrData) { 
           return " style=display:none; "; 
    } 
   }

cellの属性を変えることができるようですね。

ちなみに、行の結合も試してみました。

//colModelの結合を行う列に対して設定を行う。
{name:"name",index:"name",width:100,align:"center",classes:"name_class",cellattr:function(rowId, value, 

rowObject, colModel, arrData){
        var odd = rowId % 2;
 		if (odd){
			return ' rowspan=2';		
		} else {
			return " style=display:none; ";
		}
	}}

同じ列のデータを取得し、
同じ値なら、結合するなんてことも可能ですね。

はやく知っておけばよかった(><)

3.複数検索条件(動的生成)

ローカルでの検索やfilterが充実している
jqGridですが、
検索機能がさらに充実しました。

それは、
1.複数条件による検索。しかも自由に組み合わせ可能
2.検索条件のテンプレートを置いておける。
です。

まずは、1から。
複数条件検索を行うための追加分は簡単です。
footerの条件指定に以下の文を加えるだけです。

jQuery("#grid").jqGrid('navGrid','#footer', 
{edit:false,add:false,del:false},  
{}, 
{}, 
{}, 
{multipleSearch:true, multipleGroup:true}  //複数検索条件追加文
);

すると、

検索条件を追加して検索します。

のように複数検索ができるようになります。
簡単便利ですね。

次は2。
テンプレートをあらかじめ作っておき、
セットすることで、検索条件をテンプレート化して
再利用することができます。

まずは、テンプレートの定義から。

var template1 = { 
	"groupOp": "AND", 
	"rules": [ { 
		"field": "name", 
		"op": "bw", 
		"data": "a" 
	}, { 
		"field": "local", 
		"op": "cn", 
		"data": "J"
	} ] 
};

fieldに検索したい列名。
opに検索条件
dataに初期値を入れます。

そのうえで先ほども利用したfooter定義に次の文をのせます。

jQuery("#grid").jqGrid('navGrid','#footer', 
{edit:false,add:false,del:false},  
{}, 
{}, 
{}, 
{	
	multipleSearch:true, multipleGroup:true,
	showQuery: true, 
	// set the names of the template 
	"tmplNames" : ["Template One", "Template Two"], //フィルター名
	// set the template contents 
	"tmplFilters": [template1, template2]}  //filterの変数名
);

すると、

のように検索条件テンプレートを使うことができます。


このように実装せずとも高度な機能が使えるように
なったわけですね。

ぜひテーブルを使うときには、
jqGrid試してみてください。

では!

広告を非表示にする