読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

JavaScriptMVCフレームワーク「Spine.js」を使ってみる(補足編)

javascript Spine.js CoffeeScript

むらたです。
前回の内容に関する補足です。

Hemによるビルドはデプロイ用

前回はコードを書いたらHemによってビルドをしよう、と書いたのですが、このビルドは実際にはデプロイ用のファイルを作るために必要なものでした。開発時にHemのサーバでテストする分にはこのビルドは不要です。

実際にHemによるビルドを行うとapplication.js、application.cssが生成されるのですが、このファイルはインデントが取り除かれた1行のjsになり、デバッグが不可能になります。

ビルドせずに、以下のコマンドでHemのサーバを実行すると、application.js、application.cssは動的に生成され、しかもデバッグし易いように、インデントは残ったままでjsファイルが結合されます。なので、開発時にはビルドせずに利用するのが正しいです。

./node_modules/hem/bin/hem server

cssをStylusを使ってstylファイルに変換する

前回はズルをして、本家サイトのTodoExampleからapplication.cssをそのまま持ってきたのですが、やっぱりちゃんとstylファイルを使ってみたい、ということで、Stylusを使って、cssからstylファイルに変換をしてみました。

やり方は簡単で、Stylusをインストールして以下のコマンドを実行することにより、変換することができます。

npm install stylus
cd todos
../node_modules/stylus/bin/stylus --css public/application.css css/index.styl
css/index.styl
html, body
  margin: 0
  padding: 0

body
  font-family: "Helvetica Neue", helvetica, arial, sans-serif
  font-size: 14px
  line-height: 1.4em
  background: #eeeeee
  color: #333333
(略)

Spine.jsのlogging

Spine.jsの小さいけど便利な機能としてloggingがあります。Spine.Controllerはlog関数を持っており、簡単に利用することができます。

app/index.coffee
require('lib/setup')

Spine = require('spine')
Task = require('models/task')
Tasks = require('controllers/tasks')

class TaskApp extends Spine.Controller
  #trace: false
  logPrefix: "(TaskApp)"

  constructor: ->
    super
    Task.bind("create", @addOne)
    Task.bind("refresh", @addAll)
    Task.bind("refresh change", @renderCount)
    Task.fetch()

  events:
    "submit form": "create"
    "click .clear": "clear"

  elements:
    ".items": "items"
    ".countVal": "count"
    ".clear": "clearlink"
    "form input": "input"

  addOne: (task) =>
    @log "addOne: " + task
    tasks = new Tasks(item: task)
    @items.append(tasks.render().el)

  addAll: =>
    @log "addAll"
    Task.each(@addOne)

  create: (e) ->
    @log "create"
    e.preventDefault()
    Task.create(name: @input.val())
    @input.val("")

  clear: ->
    @log "clear"
    Task.destroyDone()

  renderCount: =>
    @log "renderCount"
    active = Task.active().length
    @count.text(active)

    inactive = Task.done().length
    if inactive
      @clearlink.show()
    else
      @clearlink.hide()

module.exports = TaskApp

上記のように @log を使うと、コンソールにログを出力できます。

logPrefix、traceプロパティ

上記のコードを見ると分かりますが、logを制御するプロパティとして、logPrefix、traceがあります。logPrefixはログの出力時のプレフィックスを指定できます。Controller毎に名称を変えると、どのControllerで出力しているログかが分かりやすくなります。デフォルトは「(App)」です。

traceをログのON/OFF用のスイッチで、falseに指定するとログが出力されなくなります。デフォルトは「true」です。

コンソールに出力されるログは以下のようになります。

ログを出力するようにして、動作を追ってみると、どのように動作するのかがよく分かります。特にModel、View、Controllerのイベント通知による処理の連携がよく分からないという人にはオススメです。それでは!