読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

MQTT Meetup Tokyo 2014.08に参加してきました!

IoT MQTT

id:KenichiroMurata(@ )です。

皆さんはMQTTに興味はありますか?私は昨年末くらいからMQTTに興味を持ち、そこからあれこれ調べています。

また社内でも、Stormのエコシステムとして開発しているAcroMUASHI Streamの開発チームが、MQTTと連係した分散ストリーム処理を実現しており、私の周辺では盛り上がっています。

そんな中、先日 MQTT Meetup Tokyo 2014.08が開催され、幸運にも参加することができましたので、今回はその参加レポートをお届けします。

イベントの概要はこちらをご覧下さい。イベントは非常に内容の濃いものであり、面白かったです。
少しでも何かお手伝いできることがあればとイベント当日のtweettogetterにまとめましたので、当日の雰囲気や反応をご覧になりたい方はMQTT Meetup Tokyo 2014.08 まとめも合わせてご覧下さい。

1. MQTTの機能概要 - ツキノワ 若山さん(@r_rudi)

MQTTについてのまとめ — そこはかとなく書くよん。を書かれた方による発表。MQTTの概要についての説明であり、特にWill、Retain、CleanSessionについての説明は理解を復習する意味でも非常に分かりやすかったです。Retainの活用方法の例として、Subscribeしてくるデバイスに最新の設定情報をRetainを使って渡すという話は、なるほどでした。また、Microservicesについても少し触れられていました。

2. IBM MessageSight - IBM 鈴木徹さん

IBM MessageSightはMQTTのアプライアンスサーバーで、なんと100万デバイスを常時接続可能、毎秒1500万メッセージを処理できるとのこと。100万のデバイスを60秒以内で全て接続できるとか、毎秒1万メッセージを平均85マイクロ秒でさばけるとか、サーバの冗長化も当然可能という凄いものでした。お値段は怖くて聞けないレベルです。

プレゼンをされた鈴木さんは、普段はMQTTがどれだけ良いかを説明するのにほとんどの時間を使うのに対して、今日は参加者が皆MQTTのことは良いモノと知っているので、その説明がいらないのが最高!とあれこれネタを仕込んだマシンガントークを展開し、非常に面白かったです。

話の焦点はMQTTうんぬんではなく、IoTをどのようにしてビジネスにつなげて利益を生み出すのか?という内容になり、車内センサーで運転手の状態を常時接続で情報収集し、その情報を保険会社が活用するといった事例紹介もありました。

あとは、IBMさんでは、MQTT/IoTで収集したデータをどうやって活用するのか、既存の様々なシステムと結合できるように仕組み化している点についても説明があり、ここでもMicroservicesを連想させる「3年後に取り替え可能な部品によるシステムを作る。疎結合に」なんて話が聞けました。

3. IoT/M2M Hot Topics in IETF - レピダム 林さん(@lef)

CoAPとその周辺に関する話題について。CoAPについては私は初めて知りました。HTTP/RESTと親和性のあるIoT/M2M用の軽量プロトコルであり、UDPとのこと。MQTTがTCPで常時接続であるのに対して、UDPを利用するMQTT-SNと対応付く関係にあるものだと理解しました。

CoAPそのものというよりもIETFの仕様策定の裏側(仕様に関するユースケースを話してしまうと、ビジネス上問題なので、ユースケースの話になると大人の事情で議論が進まなくなる)みたいな話がきけて面白かったです。

4. 時雨堂 MQTT ブローカー (AKANE) - @voluntas さん

本イベントの主催者であり、イベント前日にMQTT as a Seriviceであるsangoを発表した時雨堂の@voluntasさんによるsangoの中で使われている MQTT ブローカー (AKANE) の開発苦労談。

仕様としてはシンプルなMQTTですが、MQTT Brokerを本気で開発しようとすると、どのような問題があって、苦労するのかという話で非常に面白かったです。特に、仕様には含まれていないが、現実的にシステムとして運用できるようにするために実装した機能についてはとても参考になりました。

仕事上、数万、数十万の監視対象ノードを集中監視制御するシステムを開発してきたので、リトライ、ノード別の状態遷移制御、時系列制御、優先キュー、一斉接続などなど、それに類する話題が基本なのでイメージしやすかったし、共感できました。MQTTでは、さばくクライアント数が多いのは当然として、トピックのSubscribeの指定方法によっては1クライアントに配信するメッセージが爆発的に増えるし、QoSダウングレードはさらに複雑になるので、その実装はたしかにつらそうです。なぜに世のMQTT Brokerの実装が(私が観測する範囲では)どれも途中に見えるのは、このような背景があるからなんですね。

5. MQTT+RaspberryPi+Arduino+センサーで制御とGUIを実装した話 - 小松電機産業 廣江さん (@hiroe_orz17)

RaspberryPi+Arduino、オムロンPLC、Intel Galileo でMQTTしてみた話 - ごろねこ日記を書かれた方による発表。具体的にアプリケーションを作る上で、どのように考えて、何を試して、結果どう実現したかが具体的に分かる内容でした。MQTTのペイロード部をどのようにするのか、3G環境下で通信量を削減/効率化するために配列やバイト列を使った表現やMessagePackの利用など、試行錯誤も含めての説明だったので、イメージが沸きました。

おまけ sangoを試してみる

githubアカウントで簡単にsangoを使い始められるということで、イベント終了後に早速アカウントを作成し、試してみました。mosquittoを使ってCLIで試すのは直ぐにできたので、以前から気になっていたMQTTInspectorというiOSアプリ(有料)を使って試してみました。

アプリの使い方そのものに慣れるのに手探り状態でしたが、以下のように簡単に動作させることができました。ビューによっては通信状態が見えるのがよいですね。

メッセージを送受信している例


通信ログ

最後に

MQTT Meetup Tokyo 2014.08 はMQTTの概要から始まって、仕様の話、ビジネス活用の話、Broker実装の裏話、クライアントアプリ開発の話と幅広い内容で、しかもそれぞれが濃い話でした。このようなイベントを企画してくださり、どうもありがとうございました!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。

  • 日頃勉強している成果を、Hadoop、Storm、NoSQL、HTML5/CSS3/JavaScriptといった最新の技術を使ったプロジェクトで発揮したい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトに提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や対外的な勉強会の開催を通した技術の発信や、社内勉強会での技術情報共有により、技術的に成長したい。
  • OSSの開発に携わりたい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。
 キャリア採用ページ