読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

3分でできる!Google CodeからGitHubへの移行

Google Code GitHub

こんにちは、ツカノ(@)です。

f:id:acro-engineer:20150407062904p:plain

先日、Google Codeが2016年1月に閉鎖されると発表されました。
長年使っており残念だ、と言う方もいらっしゃると思いますが、時代の流れでしょうか。
Google Codeにホスティングしている方は、忘れないうちにGitHub等への移行が必要です。

幸いにもツールが用意されているため、いくつかの制約を許容すれば、3分で移行できます
そこで、今回はGoogle Code上のコードをGitHubへ移行してみましょう。

実際に、移行してみましょう

ここでは、Google Codeにある「mibible」というプロジェクトを例に説明します。
事前に、Google Code、GitHubにログインしているものとします。

それではまず、移行したいGoogle Codeのページに行きましょう。
すると、「Export to GitHub」というボタンが表示されています。これを押しましょう。
f:id:acro-engineer:20150407064304j:plain


簡単な説明画面に遷移するため、ここで「Start Export」を押しましょう。
f:id:acro-engineer:20150407064311j:plain


GitHub側の認証画面が表示されますので、「Authorize application」を押しましょう。
f:id:acro-engineer:20150407064713j:plain


確認画面が表示されます。「Confirm」を押しましょう。
f:id:acro-engineer:20150407064719j:plain


Google CodeからGitHubへの移行が開始されます。
f:id:acro-engineer:20150407064335j:plain


しばらく待てば、完了します。
f:id:acro-engineer:20150407064344j:plain


GitHubを覗いてみると、、、おっ移行できてますね。
f:id:acro-engineer:20150407064359j:plain

とても、簡単に移行できました。
巨大なプロジェクトでもなければ、時間的にも3分あれば移行できると思います。

制約について

とても簡単に移行できましたが、制約もあります。
気付いた点を記しておきます。

  • 一部の文字が、文字化けした
  • GitHubのコミット者はGoogle Code側のアカウント名になる
  • issuesの作成者は「GoogleCodeExporter」になる。

上記は移行データだけの問題ですので、そのあとGitHubで作業を進める上では問題ありません。
Google Codeのアカウント名と、GitHubのアカウント名が異なる場合は、ちょっと残念ですが。


それではまた、OSSライフを楽しんでください~

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。


  • 日頃勉強している成果を、Hadoop、Storm、NoSQL、HTML5/CSS3/JavaScriptといった最新の技術を使ったプロジェクトで発揮したい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトに提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や対外的な勉強会の開催を通した技術の発信や、社内勉強会での技術情報共有により、技術的に成長したい。
  • OSSの開発に携わりたい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。
 キャリア採用ページ