読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} 2016レポート My own google? FaceChimpを見せてもらいました。 #elasticon

Elasticsearch elasticon Kibana FaceChimp

お昼前に、Elasticの方から興味深いデモを見せてもらいました。
FaceChimpという検索エンジン系のKibanaアプリです。
f:id:acro-engineer:20160219084134p:plain:w480


KibanaのFaceChimpアプリで、検索対象のindex(複数指定可能)や、検索対象のフィールド、
検索結果に表示するフィールドなどを選択すると、GoogleライクなUIを生成できるというものです。
f:id:acro-engineer:20160219084214p:plain:w480


通常のキーワード検索に加えて、画像検索や地図検索での結果も表示できます。
また、キーワードのサジェストもあれば、Did you mean? 機能もあります。
f:id:acro-engineer:20160219084200p:plain:w480


簡単ですが、アクセス統計などが見られるダッシュボードも用意されています。
f:id:acro-engineer:20160219084244p:plain:w480


Elasticsearchって検索のバックエンドのエンジンとして利用できるのですが、検索用のUIは(Sense以外には)用意されていませんでした。
そこにFaceChimpを使うことで、検索用のUIも提供できるようになったということですね。
これで完全にSolrの息の根が止まりますよね

FaceChimpはまだ公開されていませんが、いずれTimelionなどと同じくオープンソースで提供される模様です。なかなか助かりそうに思うので、こちらもいち早く使ってみたいですね。