読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} Tokyo 2016レポート ~ ENdoSnipe における Elasticsearch 導入の効果 〜 #elasticon

こんにちは、
さきほど投稿した柳原が再びお送りします!

そして本日最後のセッション。
私たちAcroquestのセッションをレポートします!!

Acroquestの発表では、Elasticsearchのすばらしさと、
Elasticsearchを活用した、ソリューションである、
http://www.endosnipe.com/
の紹介を行っています。


発表は当社のJavaトラブルシューターエンジニア、山崎です。
f:id:acro-engineer:20161216005454j:plain:w300

Acroquestでは、
JaTSというトラブル解決サービスを10年以上行っており、
実際に発生したシステム障害から得られたノウハウをベースにして、
ENdoSnipeというJavaシステム可視化・診断ツール
のソリューションを作成しました。

f:id:acro-engineer:20161215235607p:plain:w500


ENdoSnipeが測定したデータの蓄積にRDBを利用していましたが、
大量のデータを蓄積すると検索が遅くなる壁にぶつかりました。

f:id:acro-engineer:20161215235742p:plain:w500

いろいろ苦悩した結果、
Elasticsearchに出会い、これだ!と思ったようです。
実際、ElasticsearchとENdoSnipeの相性はバツグンでした^^

Elasticsearchに移行した結果、圧倒的に開発の生産性が向上。
Elasticsearchのサポートが手厚かったのも大きかったです。
f:id:acro-engineer:20161216000216p:plain:w500


そして、生まれ変わった新ENdoSnipeが紹介されました。

まずはElasticsearch移行で大幅に機能強化したシステムマップ!
f:id:acro-engineer:20161216000914p:plain:w500
検索の大幅な高速化により、
より充実した情報を一枚絵でリアルタイム監視することが可能になりました。

1年間などの長期期間のデータ表示もElasticsearchのAggregationにより、
サクサクと表示が可能に。

そして新ENdoSnipeはさらなる進化を目指し、
ビジネスからユーザ、システムまで一気通貫した可視化を実現することで、
収益向上、ビジョンの実現にコミットします。
f:id:acro-engineer:20161216010303p:plain:w500

サイト上のどのページでユーザが不満を覚え、
ユーザが離脱しているのか、可視化できます。
(その原因特定をソースコードレベルまで掘り下げられるのもENdoSnipeの強みです。)
f:id:acro-engineer:20161216001313p:plain:w500

そして、このような多種多用の可視化を性能を落とさずに、
かつ、生産性が高い状態で開発ができたのは、何と言ってもElasticsearchのおかげです。。


f:id:acro-engineer:20161216001457p:plain:w500
そして、graphを使った、相関分析機能。
SQLがメモリ与える影響」や「システムKPI⇔ビジネスKPI間の相互影響」など、
これまで把握しづらかった分析も、これならできます!


f:id:acro-engineer:20161216001606p:plain:w500
異常検知も検証段階ですが、取り入れています!

今日のセッションでも取り上げられたprelertと連携することで、ENdoSnipeの更なる発展が見えてきました。

  • 異常検出から原因分析までを、シームレスに実現できる可能性
  • センサーデータの実データを判定したところ、故障前に異常を検知
  • 公開サイトに対するリストアタック等の攻撃検出に効果

Elasticsearchはgraphや、prelertなどの新機能が
次々と追加されていくので、
それをENdoSnipeもすぐ活用していけるのが
Powered By Elasticならではですね^^

まだまだ進化は続きそうです...!


最後に、Elasticsearchを活用する、です。
f:id:acro-engineer:20161216001920p:plain:w300

私も開発していて感じますが、
サポートがあると、1週間悩んでいたことが
すぐ解決した、ということがありました。
トータルで見て、サポートを受けた方がコスト的には良かったです!!

駆け足ではありましたが、Elasticsearchの面白さ、強力さ、
ENdoSnipeの便利さを伝えることができたでしょうか?


今回ご紹介したユースケースの実現を考えている方は、
ぜひAcroquestにお問い合わせを!!
http://www.endosnipe.com/

以上、Acroquestのセッションでした!!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。


  • ビッグデータHadoop/Spark、NoSQL)、データ分析(Elasticsearch、Python関連)、Web開発(SpringCloud/SpringBoot、AngularJS)といった最新のOSSを利用する開発プロジェクトに関わりたい。
  • マイクロサービスDevOpsなどの技術を使ったり、データ分析機械学習などのスキルを活かしたい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトや、顧客の価値を創造するようなプロジェクトで、提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や、対外的な勉強会の開催・参加を通した技術の発信、社内勉強会での技術情報共有により、エンジニアとして成長したい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。

【Elastic search 関連】
Elasticsearchを仕事で使いこみたいデータ分析エンジニア募集中! - Acroquest Technology株式会社のエンジニア中途・インターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedlywww.wantedly.com

【データ分析】
データ分析案件の急増に伴い実践的なデータ分析エンジニアWanted! - Acroquest Technology株式会社のエンジニア中途・インターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedlywww.wantedly.com