読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} 2017 2日目 | Elasticをクラウド上で運用しやすくなるElastic Cloud Enterprise! #elasticon

Elastic{ON}2017 レポートのまとめはこちら!!

Good evening, everyone!
営業広報の白井です。

今朝は、Women’s Breakfastという企画に参加して、朝食を食べながら、
Elastic社CEOのSteven Schuurman氏やそれぞれの企業で活躍しているcareer womanの方々との、
パネルディスカッションでした!
世界中のcareer womanと話せるなんて、とても新鮮!
これからの女性の働き方について、一緒に話せて、とても刺激となりました!

f:id:acro-engineer:20170309172423j:plain:w700

会の終わりには、Elastic社の方々と記念撮影!

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

参加セッション

今日も私は可視化的な話のところで、わくわくしました!

私が参加したセッションは以下のとおり。

  1. Sustainable Harvesting: How a Few Geeks Learned to Elastic Stack Logs
  2. Localizing Kibana for the Global Language Landscape
  3. Products, Support, Commerce, and Relevancy: The Story Behind Search on Dell.com
  4. Machine Learning in the Elastic Stack
  5. What's Next for Elastic Cloud
  6. Elastic Cloud Inside Out
  7. Machine Learning and Statistical Methods for Time Series Analysis

今日は、ユースケース系のセッションとElastic社発表のセッションを半々くらいで回っていました。
特に気になったのは、最近よく営業でお客様からも話にあがる、Cloudのセッションですね。

What's Next for Elastic Cloud

概要

これまでのElastic Cloudは、Elastic社が用意していたAWS環境上にElastic Cloudを
構築していたのですが、本日紹介されたElastic Cloud Enterpriseが公開されると、
自社持ちのAWSやAzure、自社のプライベートクラウドなどにも簡単に構築できるようになるそうです!

今までは、セキュリティ的な懸念もあり、社内サーバに構築したいと希望される方も多かったので、
かなり構築しやすくなるのではないでしょうか?!

f:id:acro-engineer:20170309180452j:plain:w700

面白いポイント!

テンプレートが用意される

Elasticsearch、Logstash、Kibanaを使用した場合、それぞれのインストーラーをダウンロードして、
インストールして、、、と繰り返していて、手間がかかる部分があったかと思います。
ですが、Elastic Cloud Enterpriseでは、構築用のShellスクリプトが用意されるので、
簡単にElastic Stackが構築できてしまいます!

f:id:acro-engineer:20170309180548j:plain:w700

Admin管理者は、管理UIからなんでも設定できる

Kibanaの画面を見せたいが、ユーザの種類によっては一部の画面は見せたくない、と言った場合がありますよね。
今回は、GUI上で、チェックボックスをポチポチするだけで、
公開範囲やユーザ設定も簡単にできちゃいます!

f:id:acro-engineer:20170309180605j:plain:w700

クラスターの一覧がより見やすく、編集しやすくなる

今までは、どこに何をダウンロードしているかなどがわかりづらかったのが、
一覧が整備されたことで、Elastic Cloud Enterpriseになると、
リソースの管理が簡単にできるようになります!
複数プロジェクトを動かしたい人からするとありがたい機能。

まずは、Beta版として、Platinumライセンス相当の機能が提供されるそうです。

最後に

本日セッション終了後に、Elastic{ON} Partyに参加してきました!
California Academy of Sciencesが貸し切りだったので、夜の博物館を楽しみにながら、
お酒を飲みながら、ダンスパーティー!
踊りつつ、Elastic社の方々と話しつつで、存分に楽しんできました😀

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

そして、明日はいよいよ最終日。
最後の最後まで、徹底的に調査していくぞ!

Elastic{ON}2017 レポートのまとめはこちら!!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。

  • ビッグデータHadoop/Spark、NoSQL)、データ分析(Elasticsearch、Python関連)、Web開発(SpringCloud/SpringBoot、AngularJS)といった最新のOSSを利用する開発プロジェクトに関わりたい。
  • マイクロサービスDevOpsなどの技術を使ったり、データ分析機械学習などのスキルを活かしたい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトや、顧客の価値を創造するようなプロジェクトで、提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や、対外的な勉強会の開催・参加を通した技術の発信、社内勉強会での技術情報共有により、エンジニアとして成長したい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。

Elasticsearchを仕事で使いこみたいデータ分析エンジニア募集中! - Acroquest Technology株式会社のエンジニア中途・インターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedlywww.wantedly.com