読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} 2017 3日目 | Elastic Cloud活用で運用効率化するために気をつけるべきこと #elasticon

Elastic{ON} 2017 in San Francisco

Elastic{ON}2017 レポートのまとめはこちら!!

Good evening, everyone!
営業広報の白井です。

昨晩は、Elastic{ON} Partyが楽しすぎて、ちょっと飲みすぎた感じがあり、
やや二日酔いな感じもしてましたが^^;

セッション参加前には、甘いものを摂取^^
おいしい!
f:id:acro-engineer:20170310015335j:plain:w700

参加セッション

今日は、ユースケース系のセッションを受けまくりました!

私が参加したセッションは以下のとおり。

  1. How Workday Built their Metrics Pipeline with the Elastic Stack
  2. Customer Success @ Elastic: Elastic Stack + Salesforce = <3
  3. Integrating Human Genetic Data to Help Drive Drug Discovery: Elastic @ Merck
  4. Elastic Cloud @ Fandango: How They Shifted Deployment Model to Scale & Meet Their Deadlines
  5. Closing Keynote: Cause Award Honorees and Open Q & A with Elastic Founders

今日は、Elastic Cloudの活用事例をご紹介!

Elastic Cloud @ Fandango: How They Shifted Deployment Model to Scale & Meet Their Deadlines

概要

f:id:acro-engineer:20170310163517j:plain:h500
Fandangoは、アメリカで映画のWebチケット購入、ストリーミング配信、映画レビューサイトの運営と
映画にかかわるすべての事業を行っている会社です。

これまでオンプレミスのElasticと、クラウド上でのElasticを併用しながら、
映画チケットのランキングなどのデータ分析をしていたそうです。

f:id:acro-engineer:20170310163556j:plain:w700

ただ、併用していたところ、そもそも使用していたマシンのスペックもあったようですが、
システムダウンでマーケティング用のデータがふっとんでしまったり、いくつか問題があったようで。。。

f:id:acro-engineer:20170310184501j:plain:w700
f:id:acro-engineer:20170310060803j:plain:w700

しかし、Elastic Cloudを活用することで、比較的移行も簡単に終わり、使用メモリ量や
システムアップデートの時間も減り、問題改善につながったそうです!
さらには、新しいサービスの立ち上げも早くなったとか。

実際に移行してみての移行しやすかったポイントと注意ポイントを語ってくれました。

移行しやすかったポイント

インターフェースが使いやすい!

Elastic Cloudの設定画面が使いやすく、Elastic社のセールスサポートも手厚かったため、
3サービス分の移行がおよそ3日間程度で終わったそうです。
Logstashの設定ファイルの修正も素早く対応できたそう。
f:id:acro-engineer:20170310171717j:plain:w700

注意ポイント

インデックス数を減らすことで、ストレージを節約

移行のタイミングで、インデックス数も減らしていったそうです。
インデックスを減らしたことで、活用するストレージ量も減るので、
トータルでコストが減らせるそうです。
活用効率につながりますね。
f:id:acro-engineer:20170310172657j:plain:w700

本番のログデータは、オンプレとクラウドの両方に移行して、冗長性確保

完全にクラウド化と言えど、一気に本番用のログデータを移行してしまうのではなく、
冗長性を保ったことで、何度か救われたそうです。

最後に

3日間のカンファレンスが終わりました。
ただセッションを聞くだけでなく、ディスカッションがあったり、
パーティーがあったりと、学びあり、盛り上がりあり!の3日間でした。

日本に戻ったら、国内イベントでどんどんフィードバックしていきたい!

Elastic{ON}2017 レポートのまとめはこちら!!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。

  • ビッグデータHadoop/Spark、NoSQL)、データ分析(Elasticsearch、Python関連)、Web開発(SpringCloud/SpringBoot、AngularJS)といった最新のOSSを利用する開発プロジェクトに関わりたい。
  • マイクロサービスDevOpsなどの技術を使ったり、データ分析機械学習などのスキルを活かしたい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトや、顧客の価値を創造するようなプロジェクトで、提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や、対外的な勉強会の開催・参加を通した技術の発信、社内勉強会での技術情報共有により、エンジニアとして成長したい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。

Elasticsearchを仕事で使いこみたいデータ分析エンジニア募集中! - Acroquest Technology株式会社のエンジニア中途・インターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedlywww.wantedly.com