Taste of Tech Topics

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic Stack 6.2がリリースされました

こんにちは@です。

ついにElastic Stack 6.2.0がリリースされました。
マイナーバージョンアップとは思えないほど、非常に多くの追加機能があったのでまとめ記事を書いてみます😊
また、このバージョンからJava9に対応しました!

6.2.0のリリースについては、Elastic社公式のブログも出ています。
英語の記事とはなりますが、是非読んでみてください。
Elastic Stack 6.2.0 Released | Elastic

概要

さて、今回の記事では追加機能を全て紹介することはできないので、
下記の項目に絞って紹介しようと思います。

  • APM
  • Machine Learning
  • Kibanaの新ビジュアライゼーション「Vega」
  • BeatsシリーズのMonitioring
  • Add Data Tutorial

APM

f:id:acro-engineer:20180207233341p:plain:w700

APM (Overview | Getting Started with APM [6.2] | Elastic)
は以前からbeta版として公開されていましたが、ついにGA版として公開されました。

今回のリリースで、利用できるエージェントの種類が増加し、RubyJavaScriptへの対応を開始しました。
もともとpythonとNode.jsに対応していましたが、より多くの言語で利用できるようになりました。
JavaScriptは使う機会は何かと多いので、なかなか嬉しい発表です。
RubyJavaScriptのエージェント自体はα版のようです。ご注意ください。
 
また、APMサーバおよびエージェントはオープンソースなので、自分でカスタマイズすることも可能です。
今後対応する言語やフレームワークが増えていくことでしょう。

APMの詳細な紹介は別の記事に譲ろうと思います。
α版を試した記事を過去に書いていますので、そちらもご覧いただければと思います。
acro-engineer.hatenablog.com

Machine Learning

こちらは、個人的には一番嬉しい機能かもしれません😇
 
これまでのMachine Learningは、
「特定の期間を検知の対象外とする」機能を備えていませんでした。
 
そのため下記のようなニーズが発生した時に、とても困りました。

  • 機器の異常を検知するjobで、メンテナンスのタイミングを対象外としたい。
  • 祝日を検知の対象外にしたい。

 
バージョン6.2からは、あらかじめ期間を指定して検知の対象から除外することが出来るので、より柔軟に運用することが可能になります。
後ほど試して別途記事にするかもしれません。

f:id:acro-engineer:20180207214453p:plain
(Elasticの投稿より)

Kibanaの新ビジュアライゼーション「Vega」

Kibanaに新しいビジュアライゼーションが追加されました。その名もVega
厳密には以前からプラグインとして存在していたのですが、6.2.0から標準として取り込まれました。
JSONで定義することで、棒グラフや散布図など、色々なビジュアライズが可能です。

f:id:acro-engineer:20180207204655p:plain:w700

特に散布図に関しては、現状リリースされている機能では実現が難しい部分なので、便利かもしれません。

※Kibana Canvasでも散布図の作成ができますが、そちらはまだtechnical preview版です。
 Canvasに関するブログも過去に書いたので、是非ご一読ください。
acro-engineer.hatenablog.com


Vegaに関しては既に試している方がいらっしゃるので、
こちら↓の記事をご覧ください。
qiita.com

BeatsシリーズのMonitioring

これも長らく待ち望んでいた機能です。
MonitoringはElastic Stack自身の稼働状況を監視するためのプラグインです。
既にElasticsearch, Kibana, Logstashには対応していたMonitoringでしたが、
Beatsだけは監視することができませんでした。

システムを運用するうえで、
データ収集ツールのスループットやリソースを監視するのは非常に重要です。
Beatsは多くの端末にインストールされるケースが多いので、
状態をKibana上で一括管理できる機能は重宝することと思います。

その他

ここまで書いた内容以外にも、
紹介しきれなかった機能改善が盛りだくさんです。
是非インストールして触ってみてください。

また、Elastic APMのWebinarが金曜日にあるようです。
Application Performance Monitoring with Elasticsearch | Elastic

これは見逃せませんね😊
興味のある方は是非ご視聴ください。

以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。


  • ビッグデータHadoop/Spark、NoSQL)、データ分析(Elasticsearch、Python関連)、Web開発(SpringCloud/SpringBoot、AngularJS)といった最新のOSSを利用する開発プロジェクトに関わりたい。
  • マイクロサービスDevOpsなどの技術を使ったり、データ分析機械学習などのスキルを活かしたい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトや、顧客の価値を創造するようなプロジェクトで、提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や、対外的な勉強会の開催・参加を通した技術の発信、社内勉強会での技術情報共有により、エンジニアとして成長したい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。
データ分析基盤Elasticsearchを使い倒したいエンジニア募集! - Acroquest Technology株式会社のエンジニア中途・インターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedlywww.wantedly.com