読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

TestLinkことはじめ

TestLink

こんばんは!toshi(@akai__tsuki)です。

本エントリーは、Software Test & Quality Advent Calendar 2011の11日目です。
今は個人のブログを立てていないので、こちらのブログで書いている
テストネタを兼ねて書かせてもらいます。

前の10日目は @cero-t さんの
xUnit成熟度モデル 〜あなたの組織はどのレベル?」でした。

本日は、Test系ということで、TestLinkのインストールを行ってみました。
TestLinkとは、Webベースのテスト管理システムです。
テストケースの登録管理、評価の実行や集計を行うことが出来ます。

TestLinkには、

  • webサーバ
  • PHP
  • DB

が必要になります。
今回は、Ubuntuに、apache2、PHP5、MySQLの組み合わせで行きます!

まずはApache2のインストール

インストールのコマンドは以下の通り。

 $ sudo apt-get install apache2

私の環境ではすでにインストールされていました。

さらに、

 $sudo a2enmod rewrite
 $sudo service apache2 restart

ブラウザで、http://localhost/から「It works!」が見られればOK!

次にMySQL

インストールのコマンドは以下の通り。

 $sudo apt-get install mysql-server mysql-client mysql-admin

※インストール中にrootのパスワードを設定します。

そして、PHP5

インストールのコマンドは以下の通り。

 $sudo apt-get install php5 php5-mysql libapache2-mod-php5

いよいよTestLink

以下のページから
http://sourceforge.net/projects/testlink/files/

最新バージョンの1.9.3(testlink-1.9.3.tar.gz)を取得します。

私の環境では、

/var/www

がDocumentRootになっていましたので、取得したファイルを配置して、展開、リネーム。

 $sudo tar xvfz testlink-1.9.3.tar.gz
 $sudo mv testlink-1.9.3 testlink

さらに、インストールマニュアルによると

 $ sudo chmod 777 gui/templates_c
 $ sudo chmod 777 logs
 $ sudo chmod 777 upload_area

と権限を変更しておきます。

ここまでやったら、ブラウザから
http://localhost/testlink/install/index.php
へアクセスします。

以下の画面が見えたらOK!インストールを開始です。

上記画面で「New installaion」を選択します。
次の5ステップでインストールができます。

  1. Acceptance of License
  2. Verification of System and configuration requirements
  3. Definition of DB access
  4. Create DB, testlink DB user, structures and default data & create configuration file.
  5. Verify the procedure result and continue to TestLink login.
1. Acceptance of License

ライセンスの確認です。
確認して、チェックボックスにチェックを付けて「Continue」をクリック。

2. Verification of System and configuration requirements

事前準備のチェックが行われます。これまでの設定ができていれば大丈夫なはずです。
PostgresやLDAPなどでFailed!と言われていますがDBはMySQLを使い、LDAPもひとまずはなくて問題ないため、「Continue」をクリックし、次へ進みます。
(※LDAPの設定を行うことで、ログインユーザの認証にLDAP連携が可能です。)

3. Definition of DB access


ここでは、DBアクセスの設定を行います。
TestLinkMySQLが同じ場所(localhost)の想定です。
また、Database nameは「testlink」としました。

以下の項目はrootを入れておけばよさそうです。

  • Database admin login
  • Database admin password

そして、こちらの項目は、各自で決めてください。

さて入力が終わったので「Process TestLink Setup!」をクリックと行きたいのですが、
その前に、上記でDatabase nameに設定したDBとTestLink DBで指定したユーザを作成しておきます。

コマンドは以下のような感じでMySQLにログインして、DBの作成と、ユーザ作成を行います。

$ mysql -u root -p (パスワードを入力してMySQLにログイン)
mssql$ create database testlink;
mssql$ show database; (こちらで作成されたことを確認)
mssql$ GRANT ALL PRIVILEGES ON testlink.* TO testlink@localhost IDENTIFIED BY '*******'

準備ができたら、「Process TestLink Setup!」をクリック。

4. Create DB, testlink DB user, structures and default data & create configuration file.

上手くいったら、以下の画面になります。
下の方にある 「Testlink」のリンクをクリック。

5. Verify the procedure result and continue to TestLink login.


TestLinkのログイン画面になります。
最初に作成されるadmin/adminでログインしてみましょう。


最初にプロジェクトを作成せよと。

これで無事インストールができました^^

広告を非表示にする