読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} Tokyo 2015レポート ~ElasticスタックとTipsの紹介 #elasticon

Elasticsearch elasticon

ElasticスタックとTipsの紹介

ここからは、テクニカルセッションです。
まずはelastic大谷さんによる、「ElasticスタックとTipsの紹介」です。

f:id:acro-engineer:20151216163256j:plain

冒頭に「Elasticsearch使ってるひとー」っていうアンケートというか客いじりがあったんですが
8割ぐらいが手を挙げるぐらい、今日はElasticsearchユーザの多いイベントでした。

Elastic{ON}とは言え、すごいですね。

Logstash

まずは、Logstashの紹介です。

セッションでも度々出てきたLogstashですが、
ここではApacheアクセスログの設定を例にして、具体的な設定が紹介されました。

grokでパースして、
dateで日付フォーマットを指定して、
useragentでユーザエージェントを加工して、
geoipで、IPアドレスから緯度と経度を取りました。

Tipsというよりはむしろこれこそが標準的な設定なので、
まずはここから始めましょう!
(個人的には、この機能をElasticsearch側にもつけて欲しいです!)

Elasticsearch

次はElasticsearchのノウハウ。
今回、説明されたのは、以下の4つでした。

1. Index template
2. multi_field
3. dynamic template
4. numeric_detection


Index templateは、要するにRDBMSで言うところのDDLみたいなものです。
スキーマレスなElasticsearchですが、ここは数値にしたいとか、ここはgeoipにしたいとか
また全文検索のような構文解析分かち書き)しなくて良い、という定義をしたくなります。
そのような定義ができるのが、index templateです。
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/indices-templates.html

multi_fieldは、一つのフィールドに対して、複数のフィールド定義を持たせるものです。
たとえば「国名」というフィールドに対して「分かち書きした国名」と「分かち書きしてない国名」の
両方を定義する、というようなことができます。
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/_multi_fields.html

ただ、このような定義を、いちいち全部のindexに定義するのは面倒なものです。
そこで使えるのがdynamic templateです。
たとえば「stringはすべて分かち書きしない」とか
「こういう名前に一致するものは全部(日付ではなく)文字列とする」というような定義ができます。
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/dynamic-templates.html

最後のnumeric_detectionは、文字列ではなく数値として定義するような機能です。
(ドキュメントが、見つからなかった・・・)

Kibana

次はKibanaアプリのSense。

すごく平たく言えば、
Elasticsearch用にカスタマイズされたREST API用クライアントです。

コマンドやindex名、クエリなどの補完が効くので、
ようやくクエリを学び始めた私みたいなエンジニアには便利すぎる機能です。
curlコマンド用の文字列としてコピーする機能もあるので、重宝します。


最後は、visualize-spy。
これ凄く気づきにくい機能なんですが、KibanaのVisualizationって
一番下に ▲ というボタンがあり、これをクリックすると、
Elasticsearchへのリクエスト、レスポンスなどを直接確認することができます。

Kibanaの出力が期待通りにならないから
ちょっと中を見てみたい、という時に使える機能です。
また、Kibanaが発行しているクエリを見て勉強するためにも使えます。

それにしても、気づきにくい機能ですよね。
spyなどと言わず、もっと目立って!


というTipsが多いセッションですが、いかがでしたか?
知らなかった、これ試したい、というものが多ければ私も嬉しいです!