読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} 2017 2日目 | Business EngineとしてのElasticsearch活用事例 #elasticon

Elastic{ON}2017 レポートのまとめはこちら!!

こんにちは。
3年目エンジニアのたなけんです。

Elastic{ON}2日目、参戦してきました。
本日は夜に盛大なパーティーがあり、DJの音楽にノリながらお酒を飲んできました!
f:id:acro-engineer:20170308202111j:plain:w700
写真はKibana開発者のRachidさんとのツーショット。

参加セッション

私が本日参加したセッションはこちら。

  1. Microservices, Continuous Delivery, and Elasticsearch at Capital One
  2. Tinder: Using the Elastic Stack to Make Connections Around the World
  3. Advancing Earth Science with Elasticsearch at Terradue
  4. The Engine for Key Security Platforms at Barclays
  5. A Standard Query Language for Elasticsearch
  6. IT as the Transmission of the Sprint Business Engine

本日は、セッションで発表されたSprint Corporationの事例についてレポートします。

IT as the Transmission of the Sprint Business Engine

発表しているSprint Corporationは、アメリカの加入者数第4位の携帯電話事業者です。
2016年9月末での加入者数は、5919万人。
2013年7月に、ソフトバンクグループが216億ドルで買収し、78%の株式を取得しています。

end to end の監視システムとして、
ライセンスが年に100万ドルと非常にコストがかかるSplunkを使っていたSprint Corporation。
Splunkを導入した際には、「You can see every thing」の言葉にやられたそうです。

Splunkを使ってはいたものの、
Black Fridayのアクセス増加に上手く対応できず、
Solrも並行して使い始めたそうです。

しかしながら、その2か月後、Sprint CorporationはElasticsearchと出会います。
f:id:acro-engineer:20170308162412j:plain:w700
Elasticsearchのみを使って、すべての可視化を行い始めました。

Sprint Corporationのアーキテクチャはこちらの図です。

f:id:acro-engineer:20170308162847j:plain:w700

データの収集には、自社で作成したコレクタを使用し、
今では、データを日に40億レコード、約3TBを収集しています。
ストレージには、Infinidatを使用しています。

当初は可視化にKibanaを使用しておらず、
AngularとD3.jsを使用して可視化していたそうです。

f:id:acro-engineer:20170308162939j:plain:w700

その後、Kibanaを使用するようになったSprint Corporation。
95%の効率化が図れたそうです。
f:id:acro-engineer:20170308163025j:plain:w700

ここからは、Sprintの行っている可視化のユースケースを紹介していきます。

アクセス数の増加するBlack Fridayに乗じて、攻撃を仕掛けてきた場所の監視を行う画面。
f:id:acro-engineer:20170308163251j:plain:w700

MacMiniのキャッシングパフォーマンスを可視化しているのがこちら。
f:id:acro-engineer:20170308163649j:plain:w700
システムアップデートなどがあると、アクセスが増えていることが分かります。

このほかにも、
各国のストアの監視や、クライアントの操作ログ監視などが
発表されていました。

最後には、
Prelert(今後はMachine Learning)による、APIの反応の低下検知について。
f:id:acro-engineer:20170308165515j:plain:w700
Prelertをインストールした20分後にはこのような結果が見られたとのことで、
最高のツールだと興奮していました!

今回のSprint Corporationの発表のほかにも、各セッションで質問が出るなど、
Machine Learningへの関心が高まっています。

明日はいよいよ最終日。
余すところなく、Elasticの最新情報、入手してきます!

それでは!

Elastic{ON}2017 レポートのまとめはこちら!!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。

  • ビッグデータHadoop/Spark、NoSQL)、データ分析(Elasticsearch、Python関連)、Web開発(SpringCloud/SpringBoot、AngularJS)といった最新のOSSを利用する開発プロジェクトに関わりたい。
  • マイクロサービスDevOpsなどの技術を使ったり、データ分析機械学習などのスキルを活かしたい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトや、顧客の価値を創造するようなプロジェクトで、提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や、対外的な勉強会の開催・参加を通した技術の発信、社内勉強会での技術情報共有により、エンジニアとして成長したい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。

Elasticsearchを仕事で使いこみたいデータ分析エンジニア募集中! - Acroquest Technology株式会社のエンジニア中途・インターンシップ・契約・委託の求人 - Wantedlywww.wantedly.com