読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

最新のAPIをお手軽に試すにはどうすればいいの?

Android

こんばんは。kimukimuです。

今日はちょっと趣向を変えてサンプルアプリを紹介しますね。

と、ただその前に最近のAndroidの動向を。

1. 最近のAndroidニュース

最近のAndroidニュースとしては、やはりAmazonのAndroidタブレットKindleタブレットですよね。

Androidのバージョンこそ新しくはないようですが、
Amazonがカスタマイズを施し、Amazonの提供するサービスと親和性の高いタブレットとのことです。
楽しみですね!

2.お手軽に新規APIを試す方法ってないの?

これまでいくつかAndroid2.3の新機能を紹介してきましたが、
『毎回1つEclipseプロジェクト作ってやっと1つ試せる』ってやっぱり大変ですよね。
あまり作りこんである必要はないけど、新規APIをお手軽に試す方法ってないんでしょうか。

そんな人のために、AndroidSDKには新規APIをお手軽に色々試せるプロジェクト、
「ApiDemos」プロジェクトが同梱されています。

そんなわけで、今日は、「ApiDemos」のAndroid端末へのインストール方法を試してみますね。

3.プロジェクトの作成方法

まず、いつものようにEclipseからAndroidプロジェクトを作成します。
Androidプロジェクトの名前を指定する際に、
「Build Target」を指定した後に「Create project from existing sample」を選択します。

すると、「Samples:」のメニューが選択できるようになるため、
「ApiDemos」をメニューから選択します。

選択したら、「Finish」ボタンを押下してプロジェクト作成を完了します。

作成が完了したら、「ApiDemos」プロジェクトが作成されていることを確認します。
出来てますね。

4.起動してみる

プロジェクトの作成/ビルドが終わったら、早速起動してみます。

なお、Android3.2を「Build Target」として指定してはいますが、
実際に作成されるApiDemosプロジェクトは「android:targetSdkVersion="11"」となっており、
Android3.0のタブレットであれば問題なく動作させることができます。

で、起動させてみるとこんな感じの画面が表示されます。
これでデモプロジェクトが起動完了です。

5.どんなデモがあるの?

どんなデモがあるか、いくつか紹介します。

Animation > Bouncing Ballsを選択して表示されるデモが下記。
画面上をタップするとそこからボールがあらわれ、バウンドするデモです。

Animation > View Flipで表示されるデモが下記。
回転するメニューが表示されるデモです。

Android3.0からアニメーションのAPIが追加され、
Javaでより簡単にアニメーションが記述できるようになっています。
実際に動かしてみるとよくわかりますね!


後は、Views > Grid > 3.Selection Modeの、画像の複数選択画面も面白いです。
Android3.0から複数選択もサポートされ、より使いやすくなっています。

上記のような感じで、ApiDemosを使えばお手軽に新しいAPIを試すことができます。
とりあえずどんなのがあるんだっけ? と思ったなら、まずインストールして試してみてください。

それでは。