読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

エディタのちょっとした設定

新人/若手向けTips

ども、toshikiです。

ほんとに寒くなりましたね〜。
もう12月。
12月といえば、アドベントカレンダー。

で、いきなりですが、
今回は、アドベントカレンダー
 「新人/若手向け、これだけは知っとけTips25
の1日目エントリーとして書いてみたいと思います。


今回のテーマはエディタのちょっとした設定です。

IT業界だけに限りませんが
エディタをどうやって使うのかで
仕事の効率って全然違いますね。

プログラミングする時には
Eclipseなどの開発環境を使いますが
ちょっとした修正をしたり、内容を確認したりする際に、
エディタの利用は必須です。

というわけで、
今回は、私が普段利用している「秀丸」で
新人にまずこの設定しとけというポイントを2点紹介します。

その1.エンコード、改行コードを表示

システムを開発する人にとって重要な
エンコードと改行コード。

新人のときから常に意識してもらいたいものです。

秀丸の場合は、タイトルにファイルのエンコード
改行コードを表示することができます。

設定ですが、メニュー「その他」→ 動作環境 を選択して
動作環境の設定ダイアログを表示します。

ここで以下の図のようにタイトルバーの表示で
 エンコードの種類:常に表示+改行コード
を設定します。

これで常にタイトルにエンコードと改行コードが表示されます。

その2.全角/半角空白を表示

さらに、初めによくつまづく、
全角、半角空白問題。


え、、、そんなことで、つまづかない?


ならいいのですが^^;

最初の時は、思わぬところに
全角空白が入っていて、エラーになったりとか
ありがちだったりもします。

とにかく、私は初めに設定しておきますね。


設定は、メニュー「その他」→ ファイルタイプ別の設定 を選択して
ファイルタイプ別の設定の設定ダイアログを表示します。

下図のように左側のツリーでデザインを選択し、
全角空白、半角空白にチェックをつけます。

これで、全角と半角空白を間違えることもありません。


その1と2を設定した結果がこちら↓

エンコード、改行コードと全角/半角がわかり
間違えてLFじゃなかったなんてこともないですね。


では、1日目の「新人/若手向け、これだけは知っとけTips25」でした。

次は、Tsukanoさんが「新人向け、Eclipse便利機能(入門)」
を書いてくれる予定です。

では〜。

広告を非表示にする