読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

MQTT Broker比較~性能比較編

MQTT

こんにちは、ツカノ(@)です。

MQTT Broker 比較の第二弾です。

前回は、機能の比較を行いました。


実際のシステムへの適応を考えると、性能は特に気になるところ。
ということで、今回は性能比較を行ってみました。
ベンチマークは環境や測定方法、バージョンによっても大きく異なりますので、
あくまで一例として参考にしてもらえればと思います。

f:id:acro-engineer:20150618200645p:plain

ベンチマークに利用したプログラムは、Goで開発された以下の MQTT-Bench を利用しています。


ベンチマークの条件は以下の通りです。

  • 構成、メッセージ長
    • MQTT Broker に対して、500connections で同時処理
    • 1つのメッセージ長は 1024byte
  • マシンスペック
    • OS: CentOS 6.5 (64bit)
    • CPU: Intel(R) Core(TM) i7-2700K CPU @ 3.50GHz (4コア HT有効)
    • メモリ: 32GB
    • NIC: 1Gbps
  • MQTT Broker のバージョン
    • Mosquitto(1.4.2)
    • Apollo(1.7.1)
    • RabbitMQ(3.5.3)
    • Mosca(0.29.0)
    • eMQTTD(0.8.6-beta) クラスタに対応しているが、1プロセスで処理
    • VerneMQ(0.9.4) クラスタに対応しているが、1プロセスで処理

計測内容

計測は、以下のパターンで行っています。

  1. Publish(Retainなし)
    • MQTT Broker に対して、クライアントからメッセージを送信する処理になります。Retainなしの場合は、最後にPublishされたメッセージをBrokerが保持しません。
  2. Publish(Retainあり)
    • MQTT Broker に対して、クライアントからメッセージを送信する処理になります。Retainありの場合は、最後にPublishされたメッセージをBrokerが保持します。
  3. Subscribe
    • MQTT Broker から、クライアントがメッセージを受信する処理になります。MQTTの特性として、接続されているときのみメッセージを受信するため、Subscribeしている間、それとは別プロセスでPublish(Retainなし)の処理を行っています。

計測結果は、以下のグラフになりますが、グラフの縦軸は、「処理したメッセージ数/秒」です。
また、機能的に対応していない箇所はグラフを記載していません。

※RabbitMQ のQoS=1の場合のSubscribeの処理は、Publishされたメッセージが内部のキューを介するようで、今回のSubscribeの計測方法では、性能があまり出なかったため、計測結果からは除いています。

Publish性能(retain=false)

f:id:acro-engineer:20150626061010p:plain

Publish性能(retain=true)

f:id:acro-engineer:20150626061220p:plain

Subscribe性能

f:id:acro-engineer:20150626061250p:plain

結果

  • 全体として、Mosquitto/Apollo/VerneMQの性能が良いです。
  • 以前は、Mosquittoの性能はいまひとつ、という話がありましが、現在のバージョンでは、他と比べてもトップレベルの性能になっているようです。
  • VerneMQ は、Retainありの場合は性能が低くなる傾向がありますが、1プロセスでもトップレベルの性能になっています。クラスタ構成を組むことで、分散して処理することができるため、さらに性能を向上できる可能性があります(クラスタ構成での性能は、今回未計測です)。


さて、2回に分けて、MQTT Brokerの機能比較と性能比較を行ってきましたが、
この1~2ヶ月の間にも、MQTT Brokerがバージョンアップされて機能や性能が改善したり、
VerneMQのような新しいプロダクトがリリースされたりと、動きが大きい分野だと感じています。


これからも、IoTとともにMQTT Brokerは要注目、ですね!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。


  • 日頃勉強している成果を、Hadoop、Storm、NoSQL、HTML5/CSS3/JavaScriptといった最新の技術を使ったプロジェクトで発揮したい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトに提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や対外的な勉強会の開催を通した技術の発信や、社内勉強会での技術情報共有により、技術的に成長したい。
  • OSSの開発に携わりたい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。
 キャリア採用ページ

広告を非表示にする