読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

ENdoSnipe Ver6.0機能紹介

こんにちは、fujiiです。

ENdoSnipe Ver6.0機能紹介の後編です。

前回ENdoSnipe Ver6.0の変更点を簡単に紹介しましたが、
今回は、追加した機能の詳細を説明しますね♪

プロファイラ機能

Profilerビューは、ENdoSnipeで計測した結果の統計情報を、Dashboard上から参照する画面です。
表示される統計情報は、以下になります。

  1. HTTPリクエスト
  2. JDBC接続情報(JDBC監視をONにしている場合)
  3. Javelinに設定したメソッド


「Profiler」タブを選択し、「reload」ボタンをクリックすると、
最新のプロファイル結果が取得できます。

プロファイラの結果は、CSV形式でダウンロードできます。
ダウンロードしたい場合には、「download」ボタンをクリックしてください。


f:id:acro-engineer:20151123004621p:plain

オンラインでの設定変更機能

Controllerビューでは、ENdoSnipeの設定をオンラインで変更できます。
この機能を利用すると、アプリケーションの再起動なしに設定を変更できるようになります。

Controllerビューを表示するには、「Controller」タブを選択してください。
変更できるパラメータをいくつか紹介します。

  1. javelin.leak.collection.monitor:Collectionオブジェクトのリークを監視するかどうか
  2. javelin.jdbc.enable:JDBC監視を行うかどうか
  3. javelin.jdbc.recordExecPlan:実行計画の取得を行うかどうか


パフォーマンス問題が出た時に一時的に監視対象を増やして情報を収集し、
また元の状態に戻す、ということができるようになりました。

f:id:acro-engineer:20151006001850p:plain

メール通知機能

Ver5.2 で追加したシグナル機能を強化して、
シグナルで閾値を超えた場合や閾値超過状態から回復した場合に、
メールを送信できるようになりました。

この機能によって、

1) CPU使用率が上昇している場合
2) メモリ使用量が高くなっている場合
3) レスポンスが遅い場合

など、アプリケーションに問題が発生していた場合に、
自動的に通知することができます。


メールを送信するためには、以下の設定が必要です。

1. DataCollectorの設定

collector.propertiesを開き、以下の設定を行ってください。

  1. collector.smtp.sendMail=true
  2. collector.smtp.server=
  3. collector.smtp.port=
  4. collector.smtp.user=
  5. collector.smtp.password=
  6. collector.smtp.to=<メール送信先アドレス>

2. Dashboardの設定

「Signal Definition」画面を開き、「Send Mail」にチェックを入れると、
閾値を超えた場合や閾値超過状態から回復した場合に、メールが送信されます。

f:id:acro-engineer:20151006001852p:plain


ENdoSnipeここからダウンロードできますので、ぜひ感想などをお知らせください!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。


  • 日頃勉強している成果を、AWSHadoop、Storm、NoSQL、SpringBoot、HTML5/CSS3/JavaScriptといった最新の技術を使ったプロジェクトで発揮したい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトに提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や対外的な勉強会の開催を通した技術の発信や、社内勉強会での技術情報共有により、技術的に成長したい。
  • OSSの開発に携わりたい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。
 キャリア採用ページ

広告を非表示にする