読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

jqPlotで簡単でリッチなグラフを作成

jQuery

こんにちは、fujiiです。

今回は、jqPlotというJavaScriptのライブラリを紹介したいと思います。

jqPlotとは?

jqPlotとは、JavaScript上で線グラフや円グラフ、棒グラフといった
様々なグラフをcanvasを利用して描くためのライブラリです。

系列の表示の有無や色の変更といった基本的な操作から、
ズームやハイライトといったオプションも提供しているため、
リッチなUIでグラフを表現できることができます。

IE7、IE8、FirefoxSafariOpera幅広いブラウザをサポートしているので、
利用環境の制約も少ないです。

準備

まずは、jqPlotのページに行き、ダウンロードしてみましょう。

ヘッダ部のdownloadリンクを選択すると、
sample_jqplot1.zip 直
ダウンロードページに移動します。

ダウンロードしたいバージョンのファイルを落としてください。
ここでは、jquery.jqplot.1.0.4r1121.zipを選択します。

次に、ダウンロードしたファイルを解凍します。

解凍すると、色々なファイルが現れます。
jquery.jqplot.min.css」と「jquery.jqplot.min.js」があれば、
動作はしますが、機能に制限がつくため、
plugins以下のフォルダも合わせてコピーしておきましょう。

最後に、HTML上でコピーしたファイルを読み込めば、準備は完了です。
jQuery,jQuery-UI を前提としているため、
こちらも忘れずに読み込んでください。

<link rel="stylesheet" href="lib/jqPlot/jquery.jqplot.min.css" type="text/css" media="all">
<script type="text/javascript" src="lib/jqPlot/jquery.jqplot.min.js"></script>

それでは早速グラフを描いてみよう。

それでは、早速グラフを描いてみましょう。

まずは、グラフを描画する領域を作成します。

<div id="lineChart"></div>

次に、グラフのデータとオプションを定義します。
グラフの定義は配列形式で定義します。

  var graphData = [
    [3,7,9,1,4,6,8,2,5],
    [4,8,6,3,6,3,5,7,9]
  ];

オプションについては様々ありますが、ここではタイトルを設定します。

  var options = {
    title : '折れ線グラフ'
  };

最後に、グラフの描画処理を実行します。

var plot = $.jqplot('lineChart', graphData, options);

jqPlotメソッドの引数は以下のとおりです。

  • 第一引数:描画領域のID
  • 第二引数:グラフデータ
  • 第三引数:オプション

これだけで、下図のようなグラフが完成します。

グラフをカスタマイズする

先ほどは1次元のデータを表示しましたが、
時刻と値の2次元のデータを表示してみます。

var graphData = [[["01:00", 2.0], ["02:00", 2.1], ["03:00", 0.5], ["04:00", -0.2], ["05:00", -0.1], ["06:00", 0.3], ["07:00", -0.5], ["08:00", -0.7], ["09:00", -2.5], ["10:00", -2.5], ["11:00", -1.8], ["12:00", -1.5], ["13:00", -0.7], ["14:00", -0.6], ["15:00", 0.0], ["16:00", 2.0], ["17:00", 3.3], ["18:00", 3.9], ["19:00", 3.7], ["20:00", 3.7], ["21:00", 3.5], ["22:00", 2.8], ["23:00", 1.9], ["24:00", 1.8]],
    [["01:00", 8.4], ["02:00", 7.9], ["03:00", 7.6], ["04:00", 7.5], ["05:00", 7.6], ["06:00", 7.5], ["07:00", 7.5], ["08:00", 7.9], ["09:00", 8.6], ["10:00", 9.5], ["11:00", 9.8], ["12:00", 10.3], ["13:00", 10.9], ["14:00", 11.1], ["15:00", 10.9], ["16:00", 11.0], ["17:00", 11.4], ["18:00", 12.3], ["19:00", 12.2], ["20:00", 12.3], ["21:00", 12.5], ["22:00", 13.0], ["23:00", 13.2], ["24:00", 13.5]]];

時刻を座標に表示するためには、DateAxisRendererを使用します。

DateAxisRendererのプラグインを読み込みます。

<script type="text/javascript" src="lib/jqPlot/plugins/jqplot.dateAxisRenderer.min.js"></script>

次に、軸の設定を行います。

X軸を日時形式にするので、axes の xasis というオプションを変更します。
以下に従い、rendererの設定と、フォーマッタの設定を行います。

表示範囲については、設定がなくても、それなりに表示されますが、
表示範囲が広すぎたり、表示間隔が中途半端だったりするため、
min(最小値), max(最大値), tickInterval(表示間隔) といった
オプションを設定することをお勧めします。

var options = {
  title : '気温の変化',
  axes : {
    xaxis : {
      label : '時刻',
      renderer : $.jqplot.DateAxisRenderer,
      tickOptions : {
        formatString : '%H:%M'
      }
      min : '00:00',
      tickInterval : '1 hour' // メモリ間隔は1h
    },
    yaxis : {
      label : '気温(℃)'
    }
  }
};

フォーマットの詳細は、本家サイトのDateAxisRendererを参照してください。

ここでは「%H:%M」を設定しているため、「時:分」というフォーマットになります。

次にラベルを設定します。
ラベルについてもオプションで定義します。

var labels = [{label:"札幌"}, {label:"千葉"}];

var options = {
  series:labels,
  legend : {
    show : true,
    location: 'ne' // 右上に表示
  },
  // 以下、省略

これで、グラフは完成です。

ズームやハイライトを行う

ズームしたり、カーソルを当てるとハイライトするグラフを作成します。

ズーム機能を利用するためには、cursorオプションを利用します。
cursorを利用するためには、プラグインの「jqplot.cursor.min.js」を読み込む必要があります。

<script type="text/javascript" src="lib/jqPlot/plugins/jqplot.cursor.min.js"></script>

あとは、cursorオプションの設定をするだけです。

var options = {
  cursor:{
    show: true,
    zoom: true
  },
  // 以下、省略

これで、ズームは完成です。

なお、ズームしたグラフはダブルクリックで、元に戻ります。

次に、カーソルを当てたときに、プロットをハイライトさせてみましょう。

ハイライト機能を利用するためには、highlighterオプションを利用します。
highlighterオプションを利用するためには、プラグインの「jqplot.highlighter.min.js」を読み込む必要があります。

<script type="text/javascript" src="lib/jqPlot/plugins/jqplot.highlighter.min.js"></script>

あとは、highlighterオプションの設定をするだけです。
ハイライト時の円の大きさは、sizeAdjustの値により、変更可能です。

var options = {
  highlighter:{
    show: true,
    sizeAdjust: 7.5 // ハイライト時の円の大きさ
  },
  // 以下、省略


これで、一通り、完成です。

作成したグラフのサンプルは、sample_jqplot1.zip 直からダウンロードできます。

最後に

今回は折れ線グラフを中心に説明しましたが、
jqPlotにはまだまだ便利な機能が豊富にあります。

今後は、棒グラフや円グラフについても、説明していきたいと思います。