読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

オリジナルの通信プロトコルを実装してみよう(Netty 実践編1)

Netty Java

実践編 目次

こんにちは!新しい物好きなエンジニアのツカノです。

Vert.xがますます面白いところに入ってきましたが、今回は久しぶりのNettyシリーズです。Vert.xは通信周りにNettyを利用しており、その仕組みを理解する上でも良いかと思います。

前回シリーズを掲載した後、Nettyの世界では大きな変化がありました。ついにNettyのメジャーパージョンアップであるNetty4がリリースされました。Netty4ではパッケージ名から変わっており、直接的な互換性もありません(パッケージ名やクラス名を置き替えることで、ある程度移行できます)。そのくらい大きく変わっています。Netty4については今後触れますが、今回は前回シリーズに引き続き、Netty3について解説します。

さて、まずは前回シリーズの復習から。前回のシリーズでは、こんなことを説明しました。

  • 導入編 Nettyを使ったサーバの実装方法説明
  • 導入編2 Nettyを使ったクライアントの実装方法説明
  • 導入編3 Pipelineを中心に説明

用意されたライブラリを使ってNettyを使うための基礎は分かったと思いますが、今回はNettyの醍醐味である「オリジナルプロトコルの実装」を行って見たいと思います。

現在執筆中の状態になっている「Netty in Action」では「ADVANCED TOPICS」となっていますが、個人的には「これがやりたいからNettyを使いたい」と考えているくらい、利用価値が高いと思っています。

前回シリーズでEchoServerを利用した際に、Nettyが標準で用意しているStringEncoderやStringDecoderを使いました。オリジナルプロトコルを実装するために、Encoder/Decoderを自作するのが今回のゴールです。

オリジナルプロトコルの仕様

多くのシステムでは、利用するユーザの情報を扱っていると思います。オリジナルのバイナリプロトコルを使って、クライアントからサーバに対してユーザ情報を送信する処理をNettyを利用して実装します。
TCPを利用し、データ部分に以下の内容を設定して送信するプロトコルです。エンディアンはビッグエンディアンとします。

  1. メッセージ長(4byteの数値)
  2. ユーザID(8byteの数値)
  3. ユーザ名のbyte長(4byteの数値)
  4. ユーザ名(任意byteの文字列)
  5. ユーザの年齢(4byteの数値)

ちなみに、ユーザIDが文字列でないのは、longを使いたかったからです^^;
ユーザ名は任意の長さなので、「ユーザ名のbyte長」で長さが分かるようにしています。
このユーザ情報をJavaのエンティティクラスにすると、以下のようになります。「メッセージ長」「ユーザ名のbyte長」といったbyte長関係はNetty側で吸収してくれるため、エンティティクラスの属性には不要です。

package netty_sample;

public class UserInfo {
    private long id;
    private String name;
    private int age;
    
    public UserInfo(long id, String name, int age) {
        this.id = id;
        this.name = name;
        this.age = age;
    }
    
    public long getId() {
        return id;
    }
    
    public String getName() {
        return name;
    }
    
    public int getAge() {
        return age;
    }
    
    @Override
    public String toString() {
        return "id=" + this.id + ", name=" + this.name + ", age=" + this.age;
    }
}

Encoderの自作方法

さて、まずはEncoderを自作してみます。Encoderはクライアント側で動作し、エンティティクラスをNettyのChannelBufferに変換するのが役割です。UserInfoのEncoderは以下のように作ります。

package netty_sample;

import org.jboss.netty.buffer.ChannelBuffer;
import org.jboss.netty.buffer.ChannelBuffers;
import org.jboss.netty.channel.Channel;
import org.jboss.netty.channel.ChannelHandlerContext;
import org.jboss.netty.handler.codec.oneone.OneToOneEncoder;

public class MyProtocolEncoder extends OneToOneEncoder { // ★1

    @Override
    protected Object encode(ChannelHandlerContext ctx, Channel channel,
            Object msg) throws Exception { // ★2

        if (!(msg instanceof UserInfo)) { // ★3
            return msg;
        }

        UserInfo info = (UserInfo) msg;
        ChannelBuffer buffer = ChannelBuffers.dynamicBuffer(); // ★4

        // IDの変換 // ★5
        buffer.writeLong(info.getId());

        // Nameの変換 // ★6
        byte[] byteName = info.getName().getBytes("UTF-8");
        buffer.writeInt(byteName.length);
        buffer.writeBytes(byteName);

        // Ageの変換 // ★7
        buffer.writeInt(info.getAge());

        return buffer; // ★8
    }
}

それでは、コードの説明をします。

★1 OneToOneEncoderを継承します。OneToOneEncoderは1エンティティを1メッセージに変換するためのEncoderです。

★2 エンティティをChannelBufferに変換するメソッド「encode」を実装します。

★3 encodeメソッドの引数に指定されたエンティティ(msg)が、期待したクラス(UserInfo)の場合に変換処理を行います。エンティティ(msg)が期待したクラス(UserInfo)でない場合は、エンティティ(msg)をそのまま返します。

★4 ChannelBufferを取得します。ここでは、可変サイズのDynamicChannelBufferを使っています。

★5 long型(8byte)データであるIDをChannelBufferに変換します。long型のデータを変換する場合には、ChannelBuffer#writeLongを使ってください。すると、Netty側で8byteの値としてChannelBufferに変換します。
ChannelBufferに変換するには「set型名」「write型名」のメソッドを使うことができますが、基本的には「write型名」の方を使ってください。理由については、次回解説します。

★6 String型(任意byte)データであるNameを変換します。Nameは可変長なので、byte長とセットでwriteしています。「writeString」はなく、byte配列にしてから「writeBytes」してください。

★7 int型(4byte)データであるAgeを変換します。もう予想が付くと思いますが、ChannelBuffer#writeIntを使います。

★8 変換後のChannelBufferを返します。

Decoderの自作方法

続いて、Decoderを自作してみます。Decoderはサーバ側で動作し、ChannelBufferをエンティティクラスに変換するのが役割です。UserInfoのDecoderは以下のように作ります。

package netty_sample;

import org.jboss.netty.buffer.ChannelBuffer;
import org.jboss.netty.channel.Channel;
import org.jboss.netty.channel.ChannelHandlerContext;
import org.jboss.netty.handler.codec.oneone.OneToOneDecoder;

public class MyProtocolDecoder extends OneToOneDecoder { // ★1
    @Override
    protected Object decode(ChannelHandlerContext ctx, Channel channel,
            Object msg) throws Exception { // ★2

        if (!(msg instanceof ChannelBuffer)) { // ★3
            return msg;
        }

        ChannelBuffer buffer = (ChannelBuffer) msg;
        
        // ID ★4
        long id = buffer.readLong();
        
        // Name ★5
        int length = buffer.readInt();
        byte[] byteName = new byte[length];
        buffer.readBytes(byteName);
        String name = new String(byteName, "UTF-8");
        
        // Age ★6
        int age = buffer.readInt();
        
        UserInfo info = new UserInfo(id, name, age);
        return info; // ★7
    }
}

それでは、コードの説明をします。

★1 OneToOneDecoderを継承します。OneToOneDecoderは1メッセージを1エンティティに変換するためのDecoderです。

★2 ChannelBufferをエンティティに変換するメソッド「decode」を実装します。

★3 encodeメソッドの引数に指定されたエンティティ(msg)が、期待したクラス(ChannelBuffer)の場合に変換処理を行います。エンティティ(msg)が期待したクラス(ChannelBuffer)でない場合は、エンティティ(msg)をそのまま返します。

★4 long型(8byte)データであるIDをChannelBufferから取得します。long型のデータを取得する場合には、ChannelBuffer#readLongを使ってください。すると、long型(8byte)として取得します。
ChannelBufferに変換するには「get型名」「read型名」のメソッドを使うことができますが、基本的には「read型名」の方を使ってください。理由については、次回解説します。

★5 String型(任意byte)データであるNameを変換します。Nameは可変長なので、byte長と同じ長さのbyte配列生成し、そこに値を入れてからStringに変換しています。

★6 int型(4byte)データであるAgeを取得します。もう予想が付くと思いますが、ChannelBuffer#readIntを使います。

★7 変換後のUserInfoを返します。

今回のまとめ

これで、オリジナルプロトコルのEncoder/Decoderができました。シンプルな実装で、ソケットを触るような処理もないし、エンディアンを意識した処理もありませんね。

次回はこれを使って、クライアント~サーバ間通信を行ってみたいと思います。
それではまた~