Taste of Tech Topics

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic Cloudの紹介 ~Elastic Cloud上に簡単デプロイ編~

こんにちは、Elastic認定資格3種(※)を保持しているノムラです。
※Elastic社の公式認定資格(Elastic Certified Engineer / Elastic Certified Analyst / Elastic Certified Observability Engineer)

皆さんはElastic Stackを構築するにあたってElastic Cloudを利用されたことはあるでしょうか?
Elastic Cloudは、Elastic社が提供しているSaaSサービスです。クラウドプロバイダはGCPAWS、Azureをサポートしています。
最新バージョンのクラスタ構築や、既存クラスタのバージョンアップを数クリックで実施できるため、導入がお手軽です。

本記事では、Elastic Cloudの無料トライアルを利用して、Elastic Stackをデプロイする手順を紹介します。

目次は以下です。

前提

本記事では、Elastic Stackである

  • Elasticsearch
  • Kibana
  • Logstash

については、説明をいたしません。各プロダクトの詳細は公式ホームページをご参照ください。
www.elastic.co

アカウントを作成する

Elastic Cloudは2週間の無料トライアルが利用可能です。
方法はメールアドレスを登録するのみです。


Elasticクラスタをデプロイする

デプロイメント名、クラウドプロバイダ等を設定する

以下を設定します

  1. デプロイメント名(任意の文字列でOK)
  2. クラウドプロバイダ(今回はAWSを選択)
  3. リージョン(今回はOhioを選択。Tokyoリージョンも選択可能です)
  4. ハードウェアタイプ(Storage Optimizedを選択。詳細はこちら
  5. Elastic Stackバージョン(最新を選びましょう)

入力後、「Create deployment」を押下することで、Elastic Stackの構築が開始されます。

さっそく利用!

数分で構築が完了し、デプロイされたKibanaの画面に遷移します

標準で付属のサンプルデータ/ダッシュボードをKibanaから1クリックでインストールしてみました。

数クリックするだけで構築が完了し、利用可能になりました。
ここまで5分程度です。お手軽ですね!

まとめ

Elastic Cloudを利用することで、非常に簡単にElastic Stackが構築可能です。

追記

またElasticCloudではセキュリティ設定として、ユーザ認証に加えて、Private Link接続やIPフィルタリングが可能です。
次回以降で紹介したいと思います。お楽しみに。

それでは。

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。

  • ディープラーニング等を使った自然言語/画像/音声/動画解析の研究開発
  • Elasticsearch等を使ったデータ収集/分析/可視化
  • マイクロサービス、DevOps、最新のOSSを利用する開発プロジェクト
  • 書籍・雑誌等の執筆や、社内外での技術の発信・共有によるエンジニアとしての成長

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。

世界初のElastic認定エンジニアと一緒に働きたい人Wanted! - Acroquest Technology株式会社のデータサイエンティストの採用 - Wantedlywww.wantedly.com