読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

Elastic{ON} Tokyo 2015レポート 〜事例紹介 その3 星野リゾート、ゴールドマンサックス #elasticon

Elasticsearch elasticon

事例紹介その3は、星野リゾートと、ゴールドマンサックスです。
これで事例紹介は最後となります。

星野リゾートにおけるELKを活用した可視化と共有の取り組み

続いては、星野リゾートの久本英司さんによる
星野リゾートにおけるELKを活用した可視化と共有の取り組み」です。

私たちも一緒に取り組みをさせていただいています!(><)


星野リゾートは創業101年のホテル・旅館の運営会社で、
メディアなどに取り上げられる機会も増えて、認知度が非常に高まっています。

一般的に、ホテルや旅館は縦割り組織が多く、
フロントはフロント、清掃は清掃、レストランはレストランという形ですが、
星野リゾートでは、いわゆる「多能工」で、スタッフはマルチタスクで動いています。

そのほかにも、全員で経営判断をできるようにするとか、フラットな組織文化にするなどして、
顧客満足と生産性の両立を目指しています。


特に経営判断に必要なのが、情報共有です。

星野リゾートでは積極的な情報共有を行っていますが、
既存のシステムが古くて使い物にならないものがあったり、
KPIを収集する仕組みが世の中の変化についていけないとか、
あるいはセキュリティ面での課題があり、改善が必要となりました。

改善のアプローチとして、あらゆる経営情報を蓄積しておける場所が必要となり
ここにAcroquestからの提案で、Elasticsearchを利用することにしました。

手書きの絵やマインドマップを使ったビジョン共有を行い、
必要最小限のダッシュボードを作って見せてフィードバックを受け取り、
また改善したものを見せてはディスカッションしてフィードバックを受け取り、
ということを数ヶ月繰り返しました。

そのようなものを利用したところ、

1泊宿泊制限が解除されたタイミングで急に予約数が増えることが分かった
 → 制限が解除されるまで、多少、予約が少なくても大丈夫

とか、
他にも予約が入るタイミングが年々早くなっていること、
会員数が順調に伸びていることなどが、はっきり可視化されました。


将来構想としては、あらゆるデータを投入し、
Timelionや、Sparkとの連動、HipChatなどとの連携を進めたり、
たとえば大量キャンセルなどのタイミングでアラートを上げるなどの
業務に直結する部分のシステム化を進めようとしています。

またIoTの導入による生産性や満足度の向上、
需要予測・稼働予測、稼働調整なども視野に入れています。


実際に動いているものを見たい方は、ぜひAcroquestのブースまで!(>▽<)ノ

Goldman Sachs Engineering

続いては、事例紹介としては最後となります、
Goldman SachsのIan Macleanさんによる「Elastic in Equity Finance」です。

ワークフローやトレーディングオーダーの検索、法規文書やレジュメの全文検索
JVMやリソースなどのメトリクス、アラート、データ解析など
幅広い範囲でElasticsearchを利用しています。

GitHubからElasticsearchのソースをクローンして内部でビルドしており、
独自プラグインを用いて、セキュリティやバックアップの強化を行っているとのことです。
(マジか!)


Elasticsearchのメリットとして、サポートを挙げているところが興味深かったです。
設計レビューやパフォーマンスチューニング、パッチの適用など
サポートで得られるメリットが大きいとのことです。


事例としては、オーダーの検索が説明されました。
オーダー情報はSybaseに保存していましたが、とにかくレコードが多すぎたため
DBをかなり分割しなくてはいけなくなりました。

また検索も時間が掛かり、数時間かかるものがありました。
そのため、意味のある分析をするのが難しかったのです。
(そうですよね、検索が遅いと、分析を試すこともなかなかできない)


そこでElasticsearchを導入しました。
履歴データをElasticsearchに入れ、取引時間中のデータもインデックスしておき、
分析や可視化に利用します。Aggregationを使った高速な分析も行うようにしました。

そして、独自に「Sharp-X」という名の、管理/分析ダッシュボードを作成しました。
オーダーのデータを市場ごとに分析できるダッシュボードです。
履歴データと現在のデータを比較した分析や、取引でエラーが起きてないかどうかの確認などができます。

結果、アーキテクチャソースコードも、かなりシンプルなものになりました。


Elasticsearchは、開発が容易で、スケーラブルな、Game changerです。
今後、RDBMSから、HadoopとElasticsearchを用いたシステムにを置き換えることを計画しています。
(なんか私たちとやりたことが似てる!)


どちらも刺激的なセッションですね。
星野リゾート様のセッションは技術寄りよりも経営寄りの興味深い話でしたし、
Goldman Sachsは力の入れ方に圧倒される一方で、次にやりたいことなどが
非常によく似ているので、ぜひディスカッションさせてもらいたいなと思いました。


さて、事例紹介は以上となり、次はテクニカルセッションです!