読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

JJUG主催Pepperハッカソンに参加してきました!

Java Pepper

Java Developerの皆さん、こんにちは。
ボクの名前は @IPアドレスは192.168.254.254

・・・というPepperのモノマネはさておき、@です。

6月6日にPepperハッカソンに参加してきました!
【東京】JJUG主催Pepperハッカソン ( https://jjug.doorkeeper.jp/events/25442 )

Pepperハッカソンって?

Pepperハッカソンは、あのヒューマノイドロボットPepperを使って、実際にプログラムを組んで動かしてみようというイベントです。
今回のイベントはPepperJava NAOqi SDKで開発できるようになることを記念されて開催されたものです。
Java NAOqi SDK ( http://doc.aldebaran.com/2-1/dev/java/index_java.html )

そう、JavaPepperのプログラミングができる! というわけですね。

自分のプログラムで動かせると考えると、最初は気味悪かったPepper君の顔も心なしか可愛く見えます。
f:id:acro-engineer:20150609070309j:plain

ハッカソンのようす

さて、会場の風景を・・・といっても、当日はひたすらPepper君をハックしていたのみのため、
Pepper君の雄姿ばかりになりますが、紹介させてもらいますね。

Pepper君達
f:id:acro-engineer:20150609070318j:plain
・兄のNAOと並んだPepper
f:id:acro-engineer:20150609070327j:plain

ハッカソンということもあり、皆さん黙々と開発を進めていました。
ただ、Pepper君が動作確認の時にしゃべるので、それがきっかけで笑いが起こることが多いという、謎な雰囲気でした^^;

イベントの最後には、自分たちで作ったプログラムの発表が行われました。





また、このTwitterの中にはないのですが、JJUGの槙さんによる、SpringBootで作ったPepperの管理画面などは、とても興味深かったです。


え、、、私が作ったもの・・・?
私はPepperのロボットとしての機能(センサー、カメラ、ポーズ、移動など)を駆使して
癒し系のマスコットのようなものを作りたかったのですが、
SDKのドキュメントに無い個所を試しながら掘り下げていって時間切れ。

癒しではない、うざいPepper君になってしまいました^^;

PepperJava SDKはどうだったのか?

今回、参加した理由として、ハッカソンとしてものづくりを楽しみたかった一方で、
PepperJava SDKがどれぐらい使えるのかを知りたいという目的もありました。

実際に使ってみたJava SDKですが、正直なところ、やや使いづらい印象でした。

  1. ドキュメント、サンプルが無い。
    • いまのところ「どんな機能があるのか?」について分かるドキュメントがありません。
    • JavaDocはあるのですが、ほとんど自動生成されたJavaDocのみで、パラメータの意味などもわからないものでした。
    • 分からないからってデコンパイルに走る猛者も
    • ドキュメントはこれから充実すると思いますし、利用者によるブログやまとめも増えそうですよね。
  2. 数百ものイベント検知を1つ1つ設定する必要がある。
    • Pepperには数百ものイベント(頭に触られた、人間が近づいた)があるのですが、それを検知するためには1イベントごとに検知するコードを書く必要があります。
    • イベントは「EngagementZone/PersonEngage」のように階層構造になっているので、MQTTのようにTopicにワイルドカード指定をする形でSubscribe出来ると使いやすくなると思います。
  3. コールバックの型がイベントごとに異なり、扱いにくい。
    • 上記のイベント検知のハンドリングにはコールバックを使用するのですが、そのコールバックの引数型がイベントごとに異なるため、共通的なコールバックのクラス階層を作りにくいです。
    • 今はお試しレベルなのでそう大きな問題にならないのですが、大きなアプリケーションを作る場合にはコードの統制がとりにくいAPIでした。

なんかちょっと細かいところまで書いてしまいましたが。
ただ、ハッカソン後のイベントでスタッフの方と話したところ、
現状のJavaAPIはあくまでβ版であり、今回のイベントでのコメントを受けてブラッシュアップしていくという強い意志を感じました。

何より、これまでのJavaの開発資産を用いることで、
外部サービスとの連携等が容易になるということは、非常に大きな進展だと思います。
その証拠に皆さん、とにかくtwitter4jを使っていましたし(笑)

また今回のような機会があれば是非参加して、PepperJavaで何ができるか、考えながら手を動してみたいと思います。

おまけ

・イベントが終了し、お休みのPepper君達
f:id:acro-engineer:20150609070341j:plain

Pepperステッカー
f:id:acro-engineer:20150609070356j:plain

皆さんも、ぜひPepperJava SDK、試してみてください!

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。


  • 日頃勉強している成果を、Hadoop、Storm、NoSQL、HTML5/CSS3/JavaScriptといった最新の技術を使ったプロジェクトで発揮したい。
  • 社会貢献性の高いプロジェクトに提案からリリースまで携わりたい。
  • 書籍・雑誌等の執筆や対外的な勉強会の開催を通した技術の発信や、社内勉強会での技術情報共有により、技術的に成長したい。
  • OSSの開発に携わりたい。

 
少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。
 キャリア採用ページ