Taste of Tech Topics

Taste of Tech Topics

Acroquest Technology株式会社のエンジニアが書く技術ブログ

【イベントレポート】PRODUCT LEADERS 2021に参加してきました!

TorrentioVideoの開発に携わっている、3年目MLアプリケーションエンジニアの@yktm31です。

7/9(金)に開催された、PRODUCT LEADERS 2021というイベントに参加したので、レポートしたいと思います。

japancpo.org

イベント概要

PRODUCT LEADERS 2021は、Ken Wakamatsuさんが立ち上げた、日本CPO協会が主催するイベントで、
「日本企業をプロダクトの力で強く進化させる」というミッションのために開催されました。

SalesforceAdobe、AtlassianなどのCPO、プロダクトマネージャーの、 プロダクトづくりにおける考えやマインド、意思決定やノウハウがなんと無料で聴けるというイベント。

全部で約9時間になるイベントで、一つ一つのセッションの密度が濃くとても刺激的でした。
全部を網羅するのは難しいので、本記事では特に印象に残ったセッションを3つほど取り上げたいとおもいます。

全体の概要を知りたい方は、ハヤカワカズキさんのまとめをぜひ読んでみてください

印象に残ったセッション

Keynote CPOとは - CEO/CTOとの働き方 (Pratima Arora)

Pratimaさんは、Atlassian社でPM(プロダクトマネージャー), GM(ジェネラルマネージャー)を経験し、 現在はChainalysis社でCPOとして働いている方。

PratimaさんはCPOについて、乗り物に例え、以下のように説明していました。

  • なぜその目的地を目指すのか
  • 目的地では何をするのか
  • なぜ私たちが、他の誰かではなく、その目的地に行くのか
  • 同じ方向に向かっている船と、自分たちはどのように違うのか

つまり、CPOに求められるのは、ビジョンと戦略掲げること、それを元に帆を調整し前に進めること(=実行力)。

エンジニアである自分は普段、How(どのように目の前を解決するか)にコミットしています。 ですが、プロダクトリーダと同じ方向を向くためにも、プロダクトリーダが考えるWhy/Whatを理解していくことが重要だな、と感じました。


他には、顧客との関係、UXとの関わり方、多様性に対する考え方、チーム構築などの話をされていました。
その中でも特に印象に残ったのは、最後に話されていた、「最終的にはすべて人」ということ。

Pratimaさんは、少人数のチームから数百人規模のチームへ拡大した経験もある中、
「自律的で責任感のあるチームを作ること」が、ビジョンを元に前に進むために重要だと学んだと語っていました。
「PMだけでは何もできない」とも言っており、良いプロダクト作りは、 良い組織・良いコミュニケーションの中から生まれるのだ、と実感がこもった重みを感じました。

プロダクトチームをリードする人材育成 (Marcus Torres)

ServiceNow社でGeneral Managerを勤めるMarcusさんによる、PMの育成・チーム構築の話でした。

Marcusさんが言っていた、「プロダクト・マインドセットという言葉が、特に印象に残りました。

「プロダクト・マインドセット」とは、Marcusさん曰く、ソフトウェアに限らず物理的なものについても、
「その製品の目的はなんなのか」「何を達成しようとしているのか」「どうすればより良くなるのか」というプロダクト視点で見ること。

Marcusさん自身のエピソードとして、とあるホテルのシャワーノブが非常に使いづらかった時、
「人が使いこなせないものは、自分なら選ばない!」と思ったそうです。

このように、身の回りの有形・無形の製品に対しする姿勢から、その人がプロダクトを些細なもの、と考えているのかどうか見えてくるそうです。 そして、この「プロダクト・マインドセット」は本からでは学べず、偽れないもの。
エンジニア出身のPMや、MBA出身のPMがいて、それぞれの視点があるが、この「プロダクト・マインドセット」は、共通的に重要なことだとMarcusさんは語っていました。

f:id:yktm31:20210709232108p:plain

実際にMarcusさんは採用面接の場で、
「ある物理的な製品について自分の意見と、それをどうやって改善するのか」
ということを、候補者に聞いているそうです。


自分の胸に手を当て、、、出来ていないなと思わされました。
開発の中で、バックエンド・フロントエンド両方担当していますが、 特にフロントエンドの開発では、「使い勝手」を考え実装する、というチャンスを多くもらってます。
フロントをやる以上、UIデザインの知識がないといけないかな、と思っていましたが、 スキル的な面だけではなく、「プロダクト・マインドセット」を持つことの重要性を学びました。

新規開発とプロダクトマーケットフィット (Geoff Baum)

Adobe社の新規事業のリーダーを経験し、現在はAcceldata社でマーケティングを統括するBaumさんのセッション。

よりビジネスサイドの話題が中心で、Adobe社で新規事業を立ち上げたときのエピソードや、PMF(Product Market Fit)について話されていました。

その中での、Photoshop Expressについてのエピソードが面白かったです。
PhotoshopLightroomという製品がある中で、写真家ではない人のモバイルでの写真編集という市場を開拓。 まず最初にターゲットのニーズを満たすためのアクセシビリティを考え、iOSアプリをリリースしてPMFを検証。 どこでどんな機能を使っているのか、編集した写真を有料で保存、印刷したりするのか、などさまざまなメトリクスを分析し、
ユーザに価値が届いていると判断した時、次のGo-to-Marketのための施策を打つ。

プロダクトを立ち上げから、顧客のニーズを検証、プロダクトのスケールのために動いていく。 プロダクトマネージャーは、プロダクトのCEO(ミニCEO)と呼ばれることもありますが、 まさにプロダクトの成長にコミットするという、プロダクトマネージャー的なエピソードだと感じました。
パワーポイント上で作ったアイディアを、1000万ドル以上の収益にまで成長させた経験があるというBaumさんの、経験に裏打ちされた解像度の高い話がとても面白かったです。

最後に

このイベント登壇していたのは、最先端のテック企業で、 複数のプロダクトをマネージし、複雑な意思決定をしてきた熟練のCPOやPM。

たかだか2,3年のSWE経験しかない自分には、難しい話も正直多かったです。 しかしそれでも、プロダクトに関わる一人でもあり、 どのようにプロダクトを育てていくかという点は興味がある部分。

今回のイベントを通して、世界のプロダクトリーダのマインドセット・考え方に触れることができたのは、 とても刺激になりました。

当社は、ENdoSnipe、そして私が関わるTorrentioVideoという2つのプロダクトを展開しています。 プロダクトを通し、顧客に価値を届け、世の中の課題を解決していきたい。そう思えるイベントでした。

今回初回だったPRODUCT LEADERS 2021、年末に2回目の開催が予定されているそうです。 このような会を、無料で開催してもらえていること、とても有難いなと感じます。
主催の、日本CPO協会の方々ありがとうございます。 (微力ながら寄付させていただきました。) 次回もぜひ、参加しようと思います。



P.S.
記事中、おざきはやとさんのTweetを引用させていただきました。 イベント実況、ありがとうございました。

Acroquest Technologyでは、キャリア採用を行っています。

  • ディープラーニング等を使った自然言語/画像/音声/動画解析の研究開発
  • Elasticsearch等を使ったデータ収集/分析/可視化
  • マイクロサービス、DevOps、最新のOSSを利用する開発プロジェクト
  • 書籍・雑誌等の執筆や、社内外での技術の発信・共有によるエンジニアとしての成長

  少しでも上記に興味を持たれた方は、是非以下のページをご覧ください。

【データ分析】 Kaggle Masterと働きたい尖ったエンジニアWanted! - Acroquest Technology株式会社のデータサイエンティストの求人 - Wantedlywww.wantedly.com